社会人留学とは

留学と言うと、高校卒業後に外国の大学に入学したり、大学在籍中に外国の大学に編入したりといったことをイメージする方も多いでしょう。
確かに、そのような流れで留学するといった方は多いかもしれませんが、学生時代にしか留学はできないというわけではありません。
大学卒業後、会社に就職してその後もう一度何かの勉強をするために留学するといった方もいるのです。

いわゆる社会人留学と呼ばれるものですね。
現在は経済のグローバル化が進み、日本の企業に就職しても海外赴任するといったケースもよくあることですし、外資系の会社に就職した場合上司が外国人といったこともあるでしょう。
最近は会社内の共通言語を英語にしてしまうといった企業も登場していますよね。
これからの時代、英語や中国語といった語学力のあるなしが出世にも大きな影響を与えることになりますよね。
また、語学力はもちろんのこと外国で生活して異文化に触れることによって視野が広がるといったメリットも留学の魅力と言えるでしょう。
さて、社会人になってからの留学は学生時代の留学と比較して、色々な面で苦労が多いと言われています。
会社の規定で留学制度などがあるという場合にはまだ良いかもしれませんが、自分の意思で留学すると言う場合には、現在の仕事をしながら留学の準備をしなければなりません。
なかなか勉強する時間もとれないでしょうし、試験前に急きょ出張が入ってしまうといったことだってあるでしょう。
また、お金の面でも苦労が多いでしょう。
学生時代の留学であれば、親が面倒を見てくれるといったケースが多いかもしれませんが、社会人になってからの留学の場合、やはり費用は自分で工面するといった方が多いでしょう。
留学するということは、現在勤めている会社を退職するということになりますが、事前に退職届を出してしまうというのは危険です。

万が一受験した大学が全てダメだった場合、即失業者になってしまうというリスクも考慮して、会社への退職届は留学が決まってからにしましょう。
社会人留学でアメリカの大学院などに留学する場合、その入学基準は語学力だけではなく日本の大学時代の成績も重視されます。
日本の大学は入学するのが大変で、その後はあまり勉強もせずに卒業といった方も多いと言われています。
大学時代の成績があまり芳しくないといった場合には、留学そのものが難しくなってしまうということもあります。
色々と苦労はあるでしょうが、自分自身のスキルアップのためには壁を乗り越える強い意志を持ち、チャレンジすることが重要ですね。

語学や語学に関わる話は、ココがおすすめですよ

  • Is it diffcult to dress Tudung?
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017ここがお勧め!伸びる語学留学.All rights reserved.