アメリカへの大学留学について

語学を身につけたい、あるいは見聞を広めたいなど様々な目的を持って海外留学を志す人は非常に増えています。
一般的には高校を卒業したら、日本の大学や短大、専門学校などに進学しますが、直接海外の大学に進学するといったことも可能です。

海外留学の行き先としては様々な国がありますが、中でもやはり最も人気なのがアメリカと言えるでしょう。
アメリカの大学に留学する場合のシステムや魅力、注意点などについて見てみましょう。
アメリカには2年制大学、4年制大学を合わせて4000以上もの大学があります。
マサチューセッツ工科大学といった、日本人でも多くの人が知っているような有名大学もありますが、そういった有名校ばかりが留学先ではありません。
2年制大学だけでも約1800校もあり、2年制は公立のコミュニティカレッジと呼ばれる大学と私立短大があります。
アメリカのコミュニティカレッジと呼ばれる公立の大学は、地域住民の税金を主な財源として運営しているのが特徴です。

生涯学習を提供する場としても機能しているため、幅広い年齢層が通学しているというのも面白い点ですね。
コミュニティカレッジの特徴としては、様々な技術を習得するための職業訓練コースと、4年生大学に進学するための進学コースが設けられていると言う点です。

入学するための語学力の基準が4年制大学と比較すると低いので、まだまだ英語に自信がないという方にとってはハードルが低くなるというメリットもあるようです。

コミュニティカレッジの進学コースでじっくりと語学力も含めた勉強をした上で4年制大学への進学を目指すという方法もあります。
コミュニティカレッジは授業料が安いというのが大きな魅力と言えるでしょう。
親への負担を考えた場合、授業料などの費用を抑えられるということは留学へのハードルが低くなりますよね。
一方私立の2年制大学はジュニアカレッジと呼ばれています。
こちらは4年制大学への編入を主な目的としたコースがメインになります。
コミュニティカレッジよりも若干授業料が高いという面はあるようですが、学生寮を完備しているところも多いので、トータルとしての費用はそれほど変わらないでしょう。
アメリカの4年制大学には、私立、公立を合わせて約2300校以上があります。
総合大学、単科大学、リベラルアーツカレッジという3つに区分され、学校の規模も学生数1000人以下といった小規模校から学生数5万人以上といった大規模校まで多種多様です。

通常は4年間で学士号を取得することが可能ですが、薬学や建築工学などの場合には5年間必要な場合もあります。

語学や語学に関わる話は、ココがおすすめですよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017ここがお勧め!伸びる語学留学.All rights reserved.