アメリカの4年制大学

アメリカの大学への留学と言えば、若いころなら誰でも一度は夢見ることなのではないでしょうか。
特に昨今はグローバル化といったことが当たり前の世の中になり、語学力はもちろんのこと異文化に触れた経験が人生にとって大きな影響を与えるものですよね。
日本の高校を卒業した後、アメリカの大学に留学するといったことも可能であり、海外留学を経験する選択肢の一つと言えます。
特にアメリカの大学留学は最も人気が高い留学と言えるでしょう。
アメリカには約4000以上の大学がありますが、その中で4年制大学は公立私立を合わせて約2300校もあります。
ここではアメリカの4年制大学の種類やそれぞれの特徴について見てみましょう。
アメリカの4年制大学には総合大学、リベラルアーツカレッジ、単科大学という3つの区分があります。
まず、総合大学というのはいわゆるユニバーシティと呼ばれる大学で州立と私立があります。
州立大学の場合には州が予算を出している関係上、州の住民が優先的に入学することとなっているため、留学生にとっては狭き門となってしまいます。
一方私立大学の場合は、授業料と寄付金で運営されているので州立大学と比較して授業料がやや高めというのが難点と言えるでしょう。
州立大学は学生数が2万人以上といった非常に大規模校が多い半面、私立大学の場合には比較的学生数が少ない小規模校が多いというのが特徴です。

総合大学には様々な専攻分野が用意されており、中には日本の大学ではなかなか学ぶことができないような専門分野もあります。
次に、リベラルアーツカレッジと呼ばれる大学は教養学部だけの大学です。

リベラルアーツカレッジは学生数が2000人前後という小規模な大学が多いため、学生に対してのケアが充実していると言う点が大きな魅力と言えます。
但し、リベラルアーツカレッジは授業料がやや高いと言う面があり、留学生にとっては負担が大きくなってしまうというのが難点です。

しかし、寮や学生のための設備が非常に充実しているので、静かな環境で勉強に打ち込みたいという方には向いていると言えるでしょう。
最後に単科大学とは、その名の通り専門的な学問を学ぶための大学です。

音楽、建築、ビジネス、看護など単一の学科のみを提供する大学で、専門的な知識や技術を習得するのに向いています。
単科大学の場合には、語学力だけではなく専攻分野についての作品提出やオーディションなども必要となる場合もあるようです。

2年制大学と比較すると入学の際に求められる語学力は若干高めとなりますので、まずは2年制大学の進学コースに留学してその後4年制大学への編入を目指すといった方法もあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017ここがお勧め!伸びる語学留学.All rights reserved.