留学のための語学力

大学留学でも社会人留学でも、留学を目指す人にとってもっとも不安なことは「言葉の壁」ではないでしょうか。
日本語が全く通じない環境で日々生活していくことになりますし、もちろん授業も全て英語ということになるのは当たり前のことです。

日本人であれば学校の授業で英語を必ず学んではいますが、日本の英語教育はどちらかと言うと「試験」のための英語がメインで、会話力を養うと言う点ではどうしても劣ってしまうものです。

文法などももちろん大切なことではありますが、会話は全く別物と考える必要があるでしょう。
しかし、何の問題もなく会話ができるほどの語学力が留学するために必ず必要かと言えば決してそのようなことはありません。
もちろんある程度の語学力がなければ留学することはできませんが、留学前からペラペラ会話できるような語学力が必要というわけではありませんので安心して下さい。
アメリカの大学留学の場合であれば、日本の大学のような入学試験があるわけではありません。
高校での学力が重視されますし、大学によっては「人格」が重視される場合もあるようです。

入学基準となる語学力については大学によって違いがあります。
TOEFLでどれだけ高得点を取ったとしても、それが合格基準になるということはないのだという点は覚えておきましょう。
もちろん日本語が通じない場所で生活し、勉強していくのですからある程度の語学力が必要となるのは当然です。

しかし、日本語がどれほど流暢に話せる人であっても簡単に東大に合格できることができないのと同様に、英語がどれだけ堪能だったとしてもそのことだけでマサチューセッツ工科大学に入れると言うわけではないのです。

大学別に求められる語学力に違いはあるものの、留学を志す上では中学3年生レベルの英語力があれば支障はないと言われています。
また、語学力に全く自信がないからといって留学と言う夢を諦めることはありません。
語学力というのは、一生懸命勉強することで身につけることが可能ですし、実際にそういった環境で生活することによって自然に身に付くという部分もあります。
「留学したい」という気持ちがあり、留学することによって何を学びたいのかという志さえあれば語学力は二の次と考えても良いでしょう。
もちろん、こういった精神論だけで通じることばかりではありませんので、しっかりと勉強することが重要ですね。
各大学の合格基準となる語学力についてはTOEFLの得点などが公表されているようですので、そういった資料を参考にしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017ここがお勧め!伸びる語学留学.All rights reserved.