留学の費用

企業のグローバル化が当たり前の世の中になり、外国に赴任するといったケースも増える一方でしょうし、外資系の会社に勤めた場合上司が外国人といったケースもあるでしょう。
最近は会社内で使用する言語を英語にするといった企業も登場していますよね。
こういった流れの中で、若い時に留学をして語学力を養うと共に、異文化に触れて見識を深めたいと考える人も増えているようです。

社会人になってから語学留学をするといった手段もありますが、高校卒業後にアメリカの大学に留学するといった方法を選択する方もいるでしょう。
しかし、単純に「アメリカの大学に進学したい」と思っても気になるのはお金のことですよね。
もちろん、留学のための語学力や入学のための学力といったことも大切ですが、費用を工面できなければ希望を叶えることはできません。
では、実際にアメリカの大学に留学しようとした場合、どれくらいの費用が必要となるのでしょうか。
単純に比較することはできませんが、日本で大学に入った場合でも公立私立によって学費が異なりますし、住む地域によって生活費も異なるようにアメリカの大学に入学すると言っても、それぞれの大学や住む地域によって費用も大きく異なるようです。

まず、学費に関してですが州立大学の場合なら約10,000ドルから35,000ドル程度、リベラルアーツカレッジの場合は約20,000ドルから40,000ドル程度、都会の私立大学の場合は約30,000ドルから45,000ドル程度のようです。

現在は為替相場が円安方向に振れていますので、日本円での負担額は少し前までと比べると重くなってしまいますね。
さて、上記の金額はあくまでも「学費」であり、学費だけ準備できれば留学できるというわけではありません。
現地で生活していくのですから、住居費用や食費、諸々の生活費も必要になってきます。
生活費に関しては、留学する大学の環境によって大きな違いがあります。
都会の私立大学などの場合には生活費も若干高めになるでしょう。
都会にある大学の場合、寮がないといったケースが多いため住居費用がかかってしまうことも想定しなければなりません。
寮の場合であれば、寮費は非常に格安ですしほとんどの場合食事の心配もありませんので、ムダな食費を考える必要はありません。
また、田舎の大学で寮暮らしをする場合、「都会の誘惑」というものも少ない分出費を抑えられるでしょう。
せっかく留学するのだから現地での私生活もエンジョイしたいと感がえるのも当然かもしれませんが、あくまでも遊びに行くわけではないということを肝に銘じて留学を志しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C)2017ここがお勧め!伸びる語学留学.All rights reserved.